The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ラブレター & 小説キャラ
2013-11-22 Fri 19:24
ご無沙汰ばかりでほんとすみません!
重なる時はいろいろ重なるもので…。
そして私は風邪っぴきです。
ふだん薬をあまり飲まないので
頭が妙にふわふわしてます。

今月はめずらしく出版物も重なっています。
今日発売のこちら。

小説 Chara (キャラ) vol.29 2014年 01月号 [雑誌]小説 Chara (キャラ) vol.29 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/11/22)
不明

商品詳細を見る

小説で載せていただいたのは初めてです。
(エッセイを書いたことはありました。)
雑誌で読み切りなのでサラッとしてハッピーな感じのものを、と
思ったのですが、ベタッとした感じになりました…。
そもそも私の書く話にサラッとしたものなんてなかったかもだけど。

でも結婚式のお話なので
イラストを担当してくださった水名瀬雅良先生の表紙が
とてもハッピーで華やかです。
血は繋がってますがほんとの兄弟じゃないので
近親ものが好きな方もそうじゃない方も
どうぞよろしく。

それから27日発売のこちら。

ラブレター 神様も知らない3 (キャラ文庫)ラブレター 神様も知らない3 (キャラ文庫)
(2013/11/27)
高遠琉加

商品詳細を見る

『神様も知らない』 完結です。
表紙の佐季がまさに破滅的に美しいです。

キャラのメルマガにも書いたのですが
直前まで 『Under The Blue Rose』 というタイトルにしようかと思ってました。
under the rose は”秘密で”
blue rose は”かなわぬ望み”という意味です。
それに”青い空の下で”という意味もこめて。

でもやっぱり長すぎますよね。
『ラブレター』 は最初に(わりと適当に)つけた仮題だったのですが
タイトルは簡潔が一番かなと思い、こちらにしました。
ちょっと慧介が脇役っぽくなりますが…。
タイトルの意味は最後まで読んでもらえればわかると思うので
どうぞよろしくお願いします!

『小説キャラ』 と11月・12月発売の文庫で
小冊子応募者全員サービスの企画もあるようです。
ちょうどシリーズが終わるので、私も入れていただきました。
そっちのSSで慧介を主役として救済できるといいな…。
いや、流を書くという手もあるよね。
こういうショートが読みたいというリクエストがあったら
ぜひ教えてください。

来年は私にしては小冊子が多いかも。
別窓 | お仕事
| made from salt and sugar |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。